今、人気のギグワークを検証します。

今、人気のデリバリーギグワークを検証します。

今、コロナウイルス問題で、食事のデリバリーサービスが定着していますが、その中で、今、人気のデリバリーサービスのギグワークについて検証したいと思います。

今回、検証するサービスは、皆様お馴染みのUber Eat 、最近、人気のDoor Dash、Postmateを検証していきます。

まずは、それぞれのサービスについて検証していきます。

Uber Eatですが、かなりお馴染みのサービスとなっています。

自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを手掛けるウーバー・テクノロジーにより、2014年8月、カリフォルニア州サンタモニカで、「UberFRESH」という名称でサービスを開始し、2015年にサービス名を「UberEATS」に改名、Uberユーザー向けアプリケーションから分離する形でUber EATSの注文アプリケーションをリリースした。2018年時点において、サービスは「ランレートで6億もの注文数があり200%成長している」としている。利用可能都市も250都市に及ぶものの、Uberが利用可能な300都市と同等にする必要があるとされている

事務局さん
Uber Eatは、このデリバリーサービスの先駆けのサービスですね。ですので、知名度も一番高いと思います。

Postmatesは、2011年にバスティアン・レーマン、ショーン・プレイス、サム・ストリートによって設立されました。

Uberが所有するアメリカのクイックコマースおよびフードデリバリーサービスで、レストランで調理された食事やその他の商品のローカルデリバリーを提供します。2019年2月の時点で、Postmatesは2,940の米国の都市で運営されています。

2011年に開始されたこのサービスは、在庫と消費者の需要を一致させるために携帯電話アプリケーションに依存しています。

事務局さん
歴者は、長いですね。現在は、Uberの子会社になっています。

2013年5月 アンディ・ファン、スタンリー・タン、トニー・シュー、エバン・ムーアによりPalo Alto Delivery設立。

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くオンデマンドフードデリバリーサービス。スタンフォード大学の学生トニー・シュー、スタンリー・タン、アンディ・ファンおよびエヴァン・ムーアによりパロアルトで設立された。

サンフランシスコ・ベイエリアでこのようなデリバリーサービスが普及したのは、元々徒歩圏内で行けるコンビニスーパーが存在せず、食品や日用品は一度に大量に買い貯めする消費習慣が根付いていることや、飲食店も移動を必要としていたためデリバリーを利用して自宅で食べる中食が好まれる背景があった。スマートフォンの普及によりユーザーがオンデマンドで時間・場所を問わず注文可能になった事や必要な時に配達の仕事をオファーしマッチング可能になった事で利用が急速に拡大した。

事務局さん
2013年から設立されて、ITのメッカと言われているサンフランシスコから始まったサービスです

 

1どのような違いがあるでしょうか?

それでは、どのような違いがあるか詳しく検証して見たいと思います。

Uber Eatですが、基本的なサービスは、レストランからの宅配がメインのサービスです。

ユーザーも多く、また、多くのレストラン とも提携しています。

Uber Eatカードを使うと、直接注文をして宅配する業務もできます。

Postmateですが、このサービスは、レストランからの宅配もありますが、Walmartなどのお店からの宅配業務もあります

Doordashですが、こちらもやはりレストランからの宅配がメインの業務ですが、Smith、Vonsといった食材の宅配業務もあります。

実際に登録して、比べて見ました。

今回、実際に登録して比べて見ました。

まずは、UberEatから検証してみると、登録は、非常に簡単でした。

登録に必要な情報は、以下の内容になります。

本人確認のID (運転免許書)

名前

メールアドレス

携帯番号

住所

使用する車の情報

SSN(ソーシャルセキュリティ番号)

収入を振り込むための銀行口座

登録すると、登録した番号に本人確認の番号が送られてきます。

その後、先ほどあげた情報をアプロードしていくとバックグランドチエックがあり、1時間ぐらいで確認できると

すぐ、仕事を始められます。

Postmateですが、こちらも同じように登録できます。

こちらも同じよう登録していくと、最短で30分ほどで仕事が始められます。

DoorDashも登録については、ほぼ同じですね。簡単に登録できました。

登録は、どれも簡単にできました。1時間もかかりませんでしたが、大きく違うなと思ったのは、Doordashですね。

こちらは、登録すると宅配バックとマスクが送られてきます。

この辺は、少しドライバーのことを配慮してくれているのかなと思いました。

3実際に、試して見た結果は

まず、アプリの使用感ですが、Uber Eat が一番使い安いかなと思いました。

まず、大きく違うのが、先にTipも含めた金額と距離とかかる予想時間が出るので、その仕事が割に合うか

どうか判断できるので、期待していないような結果にならないので安心して仕事が取れる事が大きいですね。

次に使いやすいのがDoor Dashですね。

これもやはり予めTipも含めた金額が出るので、仕事を選びやすいです。

もちろん、配達する距離、時間もわかるので、その辺りはUber Eat と遜色ないですね。

次にPostmateですが、これは、まずいくらになるのか分からないので、仕事を選びにくいですね。

Tipは、1日または、2日後反映されます。ですので、その日いくらになのかかが分からないので、

計算がしにくいですね。

デリバリー系のギグワークを検証したまとめ

UberEat
リクエストが多く、ボーナスの機会が多い
やはり、比べるとアプリに使い方がもっとも利用しやすいのとエラーが少ない、ボーナスが多いのがやはり最大の魅力ですね。
また、たのアプリのサービスと比べて、ダントツでサービスのリクエストが多いです。
Door Dash
特典も多く、アプリも使いやすい
Door Dashは、使いやすいアプリとやはりボーナスが多いのも魅力です。
個人的には、Smith's、Vonsなどの食品マーケットからに依頼は、報酬も中々魅力的です。
UberEatと比べると、リクエストは少ないので、待つ必要が時間帯によりあります。
いきなり、配達用のバックがもらえる特典はナイスです。
Postmate
リクエストも少なく、使いずらい
今回、堂々の最下位になってしまったのですが、やはりアプリが使いずらい。
Walmartからの依頼は、報酬が大きい場合があるのですが、Tipがない場合もあり、期待した結果にならない
事もよくあります。
やはり、最初にいくら報酬がもらえるのか分からないシステムが、中々ユーザーからすると
使いずらいですね。
さて、今回は、このような結論になってしまいました。実際今後、アプリ改善されたり、ボーナスの基準が変わる場合は
再評価したいと思います。
お勧めは、デリバリー系のギグワークなら、Uber Eat  とDoor Dashに登録して、条件の良い仕事を優先的に取るのが
お勧めです。
宅配する家とレストランが方向などの条件が合う場合は、両方同時に仕事を取ると効率よく稼ぐ事ができます。
特に、今は、ボーナスが多く’もらえますので、時給20ドルは、硬いですね。
10時間以上やれば、1日200ドル以上いけますね。
因みに、私の友人のある1週間の収入です。
なんと1週間で、1874.49ドルも稼いでいます。
ただ、半端ないくらい払いていますが、皆さんも十分稼げるとおもますので、是非トライして見てください。
因みに、今からUberEatに登録したい方は、こちらから登録できます
DoorDashの登録は、こちらから登録できます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事